日本人が野菜不足になるのはなぜ?改善方法や割合を調査!

 

みなさん!こんにちは♬

はる
日本人は外国の人に比べて野菜不足の人が多いの?
みわ
実は多いみたい!いったいなぜなんでしょうね!

日本人はアメリカ人よりも野菜の摂取量が少ないって知っていましたか?

野菜をよく食べる中国や韓国よりも少ないのは知っていましたがアメリカ人よりも少ないのは知らなかったですね。

ということで、この記事では日本人が野菜不足になるのはなぜなのかについてや、改善方法や野菜不足の割合などを見ていきたいと思います。

それでは最後までゆっくりとご覧ください。

記事の内容

日本人が野菜不足になるのはなぜ?

どうすれば野菜不足は改善できるの?

野菜不足についての割合!

野菜不足にならないための方法は?

 

記事の信頼性

この記事ではいろんな会社がリサーチした野菜不足のについての考えや、1万人をこえるアンケートを行った会社のデータ結果などから、日本人がどうして野菜不足なのか、どうすれば改善するのかなどをご紹介しています。

また、野菜不足にならないとめにどうすればいいか、私の体験も交えながらお伝えしていますので、参考にしてもらえればうれしいです、

 

 

日本人が野菜不足になるのはなぜ?

日本人は野菜不足の人が多いと言われていますが、それはいったいなぜなんでしょうか?

日本人の平均野菜摂取量は290gと言われていますが、中国や韓国の野菜摂取量と比べると約半分以下なんですよ。

また、1990年ごろまでは日本の野菜摂取量はアメリカよりも平均値は上回っていましたが、そこから徐々に逆転され2007年にはかなり差がつけられています。

和食は世界的にも認められ、野菜もしっかりと摂れる料理、そんな和食を食べる日本人がアメリカ人より野菜摂取量が少ないというのが気になりましたので、詳しく見ていきたいと思います。

朝食で野菜を摂っていない!

みなさんは朝食で野菜を摂っていますか?

実は、朝食に野菜を摂り入れないとことが、野菜不足になる原因の一つだと考えられているんです。

ごはんに味噌汁といった和食のメニューなら味噌汁の具材に野菜が入ってるし、お浸しなどもついてくることがありますが、現在の食生活はトーストとコーヒーのみの人も多く、野菜はほとんど摂っていないという家庭もあるみたいです。

コンビニでおにぎりや総菜パンで済ませている人もいるみたいだし、昼食や夕食で野菜を補おうとすると1日に摂らないといけない野菜量には到底、届かないとこいうことになりますね。

 

料理に手間をかけていない!

忙しくて料理に手間をかける時間がないという人も多く、特に野菜の料理をするのは時間もかかるので、面倒くさいという人もいます。

一人暮らしの若い方たちは自炊しないという人も多いので、外食だったりコンビニのお弁当で終わらせている人も。

共働きで忙しく働くママさんたちは、なるべく早く料理を出したいので、簡単に作れる料理になってしまいがち。

野菜はカット野菜を買ってきて、主菜の横にもりつけるだけとかだと、野菜の量はまったく足りてませんね。

 

野菜がきらいで健康への意識も低い!

野菜の摂取量は若い人ほど少ないと言われています。

高齢者ほど野菜を摂る率が高いということは、年をとるほど健康への意識は高くなるということですね。

一人暮らしの若い人たちも野菜不足は解消したいと考えている人も多いと思いますが、やっぱり若いのでそこまで、栄養を考えるという意識は薄いのかもしれません。

あと、野菜嫌いな人も多く、特に子供たちの野菜嫌いが多く、子供の野菜不足もかなり深刻になっているみたいです。

子供が野菜を食べないので、子供の好きな料理しか作らないという家庭もあるようでね。

野菜からとれる栄養はビタミンやミネラル、食物繊維など体に大切な栄養素が多く含まれているので、もう少し健康への意識を高める必要がありますね。

 

野菜をどれだけ食べていいかわからない!

野菜をいつも食べるように心がけているという人でも、1日に摂らないといけない野菜の量に達していない人がらくさんいます。

それってせっかく健康への意識が高いのに残念ですよね。

どれぐらい食べていいかわからないから野菜不足になるので、どれだけ食べないといけないかを知れば野菜不足も解消できると思いますよ。

 

一日に摂りたい野菜の量

成人の一日に摂りたい野菜の量は350gなんですよ。

ほうれん草やかぼちゃの煮物などの小鉢にすると5皿分になります。

小鉢1皿は70gと計算してみてください。

 

どうすれば野菜不足は改善できるの?

それでは、どうすれば野菜不足は改善できるのでしょうか。

野菜が好きなのに野菜を食べれいない人は意外と多いみたいですね。

 

野菜は3食に分けて摂る

野菜は夜しか食べてないという方も多いと思いますが、なるべく3食にバランスよく食べてもらいたいです。

3食に分けて食べないと、1度にたくさんの野菜を摂ることがむずかしいですよね。

1日の野菜量はほうれん草のお浸しなどの小鉢に換算すると、5皿分だそうです。

朝昼夕に野菜を摂るバランスですが1:2:3で考えてみてはどうでしょうか。

野菜炒めなどは小鉢2皿分の量ですので、昼食は外食だという方は野菜炒め定食などのメニューを選ぶのがおすすめです。

 

朝食に野菜を食べるのが大事

野菜不足を改善するにはやっぱり朝食が大事だと言われています。

日本人に野菜不足が多いのは朝食を食べなかったり、パンとコーヒーで済ませてしまっている人が多いことも原因なんですよ。

朝は忙しいという方も多いですが、時間のある方は和食中心にして小鉢や野菜が充実した味噌汁などに変えてみてはいかがでしょうか。

朝からごはんは喉を通らないという方は野菜や果物が入った手作りスムージーを作ったり、キャベツやトマトとベーコンの入ったスープなどで野菜を補うのもおすすめですよ。

昼と夜だけで1日の野菜量を補うのは難しいので朝にしっかり野菜を摂り入れると、野菜不足の改善になると思います。

 

野菜不足についての割合!

聞くところによると、日本人の成人で1日の野菜量の小鉢5皿分を摂取できている人は約3割ぐらいだと聞いたことがあります。

これは、かなり少ない数字、もっとたくさんの人が野菜を食べていると思ってたんですが・・・

 

野菜不足を実感している人の割合は?

ところでみなさんは、8月31日は野菜の日だってことをご存知ですか?

その、野菜の日にちなんで野菜の好みについて1万人以上の人を対象にアンケート調査が行われたんですが、野菜不足を実感している人は38%、野菜が好きだと答えた人は85%という結果がでています。

野菜好きな人は男性よりも女性の方が多く、50代が一番多いそうですが、やっぱり50代の女性は野菜に対する意識が高いんですね。

20代~50代では40%以上の人が野菜不足を実感しているということですから、全体的にみても野菜不足を感じている人は多く、野菜が好きだと答えた人の中でも、実際に1日の目標野菜量を摂取できている人はあまり多くないのでしょうね。

1日の目標とする野菜量は350gを摂れている人が少ないですが、野菜が好きだという人はアンケート結果からもわかるように野菜に対する関心はかなり強いようです。

 

みなさんが食べてる野菜の割合は?

みなさんがいつも食べている野菜はどんなものがあるのでしょうか。

家でよく食べている野菜の割合はキャベツ、たまねぎ、じゃがいもが圧倒的に多いそうです。

キャベツ、たまねぎ、じゃがいもを食べる割合は8割近くの人が良く食べると答えていますので、確かに日持ちがするし、いつもストックできてお値段も家計にやさしいですよね。

あと、普段から意識して食べるようにしている野菜は、やっぱりトマトやほうれん草や小松菜などがあげられます。

トマトやほうれん草などは緑黄色野菜ですので、一日の目標としている野菜量350gのうち、緑黄色野菜は120gを摂ってほしいと言われていますので、積極的に食べたい野菜ですね。

 

野菜不足にならないための方法は?

野菜不足にならない方法は改善方法のところでもお伝えしましたが、やっぱり3食バランスよく野菜を食べることが大事です。

ただ、どうしても忙しくて時間がない、料理は簡単に作りたいというお悩みや、ついつい野菜が高いので、今日はこの野菜を買うのはやめようと思うときもしばしば。

そういう時は無理をせず、楽に調理ができる方法や他のもので補うことを考えれば難しくないですよ。

 

時間がない時は冷凍野菜を利用する

野菜の料理をする時間がないという方は週末を利用して、野菜を冷凍しておくと便利ですよ。

野菜を切ったりするのも苦手だし、自分で料理するのは面倒だという方は冷凍野菜を利用してみては。

スーパーに行くと冷凍のコーナーにたくさん冷凍野菜が並んでいますので種類も豊富ですよ。

ブロッコリーやほうれん草などを冷凍庫にストックしておくと便利だし、今はコンビニでも冷凍野菜は充実していますので、ぜひ利用してみてください。

セブンイレブンのカットほうれん草やカットネギなど、すぐに料理できるものもあり、野菜が高い時は意外と冷凍野菜の方が安かったということもありますので値段をよくチェックしてみてくださいね。

ネット通販でもカットされた冷凍野菜が販売していますのでそちらも確認してみるといいですよ。

 

 

野菜を摂れない朝は野菜ジュースで補給!

パンとコーヒーにプラスしてサラダや野菜スープなどを食べてほしいですが、毎日となるとつらい時もありますよね。

そんな忙しい朝には市販の野菜ジュースで補ってみてもよいのでは。

本当は生野菜で手作りのスムージーなどが食物繊維も摂れるのでおすすめなんですが、なかなか毎日はむずかしいですよね。

市販の野菜ジュースにもリコピンやβカロチンなどが豊富ですので、生で食べるよりも吸収しやすいと言われています。

毎日、野菜を食べないといけないとかは考えずに野菜ジュースなどで補うこともありだと思いますよ。

 

 

食材宅配を利用してみる

自宅まで届けてくれる食材宅配を利用してみてもいいかもしれません。

食材宅配のオイシックスでは有機野菜や特別栽培などを含む食材やミールキットが注文できます。

自宅まで野菜を届けてくれるので、買い物に行く手間もはぶけて便利だし、何よりオイシックスでは他では食べることができないような、栄養価の高い野菜が取り揃えてあるので、少し値段は高いけど野菜にこだわりがある方にはおすすめです。

生で食べれるかぼちゃ「かぼっコリー」や子供が喜んで食べれる「こどもピーマン」など、子供が安心して食べれる野菜を提供してくれるのがうれしい。

他にもこだわりの野菜や果物などたくさんの安全な食材を届けてくれるので、一度確認してみてくださいね。

オイシックスの時短ミールキットや有機栽培食材の紹介!口コミ評判のまとめ!

 

まとめ

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事では日本人が野菜不足なのはなぜなのかについて書いてきましたがいかがでしたか。

日本人は野菜を多く摂取しているイメージがあったのですが、アメリカよりも摂取量が少なく中国や韓国などと比べると、半分以下というのには驚きですね。

この記事を読んだきっかけに、野菜で栄養を取り入れるという意識が高まればうれしいです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。