野菜不足になりやすい子供の対策を紹介!【気をつけて!】

 

みなさん!こんにちは♬

はる
子供不足になりやすい子供の対策方法を知りたいな~。

この記事では野菜不足になりやすい子供の対策についていろいろと考えてみました。

子供の野菜不足が心配なお母さんたちにどんな対策が必要なのか、どうすれば子供がおいしく野菜を食べてくれるのかの工夫などもお伝えしていきますね。

また、いろんな工夫をしてみたけど、どうしても克服できないという方も。

おすすめの克服方法や子供の意識をどう変えて行けばよいのかについてもお伝えしていきますね。

あと、実際に子供の野菜不足が解消できたというママさんたちの声もまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

記事の内容

子供の野菜不足の対策を紹介!

野菜不足になりやすい子供は?

実際に子供の野菜不足が解消できたという感想まとめ!

 

記事の信頼性

こちらの記事では実際に野菜不足の子供がちゃんと野菜を食べられるようになった、解消することができた方々の中から累計で60名の方のアンケートを行いリアルな声を掲載しています。

中には5年間、野菜を食べることができなかった子供に食べさせることができた体験談などもご用意しております。

 

子供の野菜不足の対策を紹介!

子供の野菜不足はかなり深刻、子供が野菜不足になるのにはいろんな原因があると思いますが、ここでは対策についていろいろと紹介していきますね。

子供の野菜不足の原因は単に子供が野菜が嫌い!という理由だけではないようですよ。

子供が野菜不足にならないようにするには、やっぱり親の努力が必要。

野菜はサラダだけでなく加熱調理で、子供の好きなものと一緒に調理したり、工夫して食べたいを思わせることが大事です。

なかなか、野菜嫌いの子供たちに野菜を食べさせることは難しいですが、あきらめずにがんばって工夫してみましょう。

 

料理の工夫で野菜不足を解消!

野菜不足の子供たちの多くは野菜嫌いが原因で野菜不足になっていると思います。

成長期に野菜が不足しがちな生活をしていると、体への影響が心配なのでなにか対策を立てないと・・・

でも、どうやって料理を工夫したらいいの?

 

野菜はなるべく加熱を!

子供たちは全ての野菜がきらいというわけではなく、ジャガイモやかぼちゃなどの料理は良く食べると聞きます。

ポテトサラダやかぼちゃの煮物などを副菜として用意しておくのもおすすめ。

子供が大好きなハンバーグや唐揚げといった料理の時にはサラダなどの生野菜をだされることも多いと思います。

生野菜だと、あまりたくさん食べれないのでなるべく加熱したメニューを!

たとえばキャベツの千切りを出すなら、キャベツをレンジで加熱してハムとゆで卵を加えて、マヨネーズで味付けしたらキャベツとたまごのサラダが完成。

千切りのキャベツだとたくさんは食べれませんが、キャベツを加熱するとたくさん食べることができるのでおすすめですよ。

子供の中には生野菜が嫌いな子もいて、炒めたり、煮たりすると意外と食べてくれるので、なるべく野菜は加熱してだしてみてください。

 

緑黄色野菜も上手に調理!

子供の嫌いな野菜といえば、にんじんやピーマンなどですね。

にんじんやピーマンなどの緑黄色野菜は栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富。

できれば、子供たちにも摂ってもらいたい野菜なんですが・・・

子供たちがにんじんやピーマンが嫌いな理由はやっぱり苦味や青臭さ。

少しでも青臭さや苦みなどをとるために下茹でしてから調理するのもありですよ。

あと、ピーマンは油でコーティングすれば苦くなくなるみたい。

オイル漬けにしたツナ缶と一緒に炒めれば苦みも少なく、子供たちも食べてくれると思います。

 

どうしても子供が野菜嫌いを克服できない時は?

野菜を加熱したり、料理を工夫したりしても子供が食べてくれないと悩んでいる方もいるようですね。

どうしても子供は見た目で判断し、食わず嫌いなところもあるそうです。

特に緑黄色野菜の鮮やかな緑色は子供にどうしても嫌われがち。

なるべく野菜を見えなくして料理にいれても、騙されて食べてもあとでわかると二度と食べなくなる子供もいたとか。

では、どうすれば子供たちは野菜不足を克服できるのでしょうか。

 

野菜ジュースにしてみる!

野菜をおいしく摂るには野菜ジュースという手もありますよ。

野菜ジュースは市販のものでもいいですが、やっぱり自宅で新鮮な野菜を使ってジュースにするのがおすすめ。

自宅で作るならヨーグルトや豆乳などを使用してスムージーにしてもいいですね。

バナナなどを入れると飲みやすくなるので、フルーツやはちみつを一緒にミキサーに入れて作ると子供たちも喜ぶと思います。

 

野菜を使ったデザートに!

嫌いな野菜を使っていてもおやつなら食べてくれるかもしれません。

キャロットケーキやかぼちゃプリンなら子供たちも喜んで食べてくれると思います。

市販にも野菜ケーキなどの野菜を使ったデザートが販売されていますので、食べてくれるかはわかりませんが一度お試ししてみるのもいいですね。

 

野菜嫌いを克服するには子供の意識を変える!

子供に野菜嫌いを克服してほしいならあせらず待つことも大事。

子供が自然と野菜が食べたくなる雰囲気づくりをするのも、大切なことですね。

 

嫌いな野菜が少しでも食べれたら褒めてあげる!

嫌いな野菜が少しでも食べれたら褒めてあげることが大事。

今はいやいや食べていても、少しずつたべることで慣れてくるし、お母さんに褒められたら子供はとっても喜びます。

少しずつでも繰り返し食べていくことで、野菜嫌いが克服していくので、あせらず待ってみてはいかがですか。

 

子供に料理を手伝ってもらう

野菜を使った料理を子供に手伝ってもらったりするのもおすすめ。

一緒にお手伝いをした料理が食卓に並ぶとワクワクした気持ちになり、野菜を食べることがうれしいと感じれるようになるかもしれません。

たとえば農業体験などに出かけてみると、体験する前と後で野菜への想いが変わってくるかも。

自然と野菜が好きになれるような雰囲気を作ることが一番大事なことなのかもしれないですね。

 

野菜不足になりやすい子供は?

そもそも野菜が不足している子供たちって、いったいどれぐらいいるのでしょうか。

幼稚園~高校生までの子供を対象に調査を行った結果、9割以上が野菜不足であることがわかったそうです。

どうして子供たちは野菜不足になるのでしょうか。

また、野菜不足になりやすい子供はどのような食事内容なのか気になりますね。

 

子供の野菜不足の原因

どうして子供は野菜不足になるのか、普通に考えたら野菜の料理が少ないとか、野菜を食卓に出していても子供たちが野菜嫌いで食べてくれないなどの原因があると思います。

やっぱり野菜が嫌いな子どもたちは多く、好きなものだけを食べて残してしまうことも多いということですが、なんとか野菜嫌いを克服できるように、料理の工夫が大切なようですね。

あと、子供が野菜嫌いなので子供が好きなものしか作って食べさせていないご家庭もあって、子供の成長にとってビタミン・ミネラル・食物繊維はとっても重要な栄養素がとれてないということは、健康にも影響が出てしまう可能性もあります。

子供たちの成長にとって一番大事な時期、大切な栄養素が不足してしまわないように、野菜不足について一度見直してみることも必要かもしれません。

 

子供に必要な野菜の摂取量は?

成人の1日に必要な野菜の摂取量は350gとされています。

子供たちに必要な摂取量はどれくらいなのか見ていきたいと思います。

1~2歳 180g

3~5歳(幼稚園) 240g

6~7歳(小学1年) 270g

8~9歳(小学2・3年)300g

10歳以上(小学4年以上) 350g

 

野菜摂取量が足りてない家庭

野菜摂取量が足りてない家庭では子供が野菜嫌いで食べない、子供の好きなものしか作らないなどの原因があるようですね。

その他にも共働きで調理する時間が少なく、すぐに出せる料理を出すことに重点を置いているということも、子供が野菜不足になる理由の一つ。

特に朝ごはんはパン食のご家庭も多く、パンと牛乳だけというメニューのところも多く、朝は忙しいので簡単に済ませたいと思いますが野菜スープやサラダなどをつけてあげると少しは野菜不足の改善になると思うので、ぜひ一手間加えてみてください。

 

野菜摂取量が足りている家庭

野菜の摂取量が足りているご家庭ではどんな工夫がされているのでしょうか。

なるべく野菜を摂り入れた食事を作るのはもちろんなんですが、栄養バランスや野菜を多くすることに常に心掛け、野菜はサラダや野菜を加熱して料理しているようです。

煮物や野菜スープなどの料理ならたくさん野菜をとれますし、料理のしかたによっては子供たちの野菜嫌いもなくなるかもしれませんので、いろんな料理で楽しませてあげてくださいね。

 

実際に子供の野菜不足が解消できたという感想まとめ!

子供の野菜不足が解消できたという感想をまとめてみました。

どうやって克服されたのか、みんさんいろいろ工夫されたみたいなので参考にしてみてくださいね!

子供が野菜を5年間たべてくれなかった人の感想

子供が野菜を食べてくれなくて、口にいれても吐き出し状態が5年間も続きました。

子供が野菜を食べない時に、食べないとおやつあげないよ!など、ちょっと子供にはつらい言葉を言ってしまったして、あとでひどいこと言っちゃたな~と反省する日々。

ある日、ママ友にあせらなくてもいつかは食べれるようになるし、少しでも食べれたらちゃんと褒めてあげることが大事だとアドバイスをもらってからは、肩の荷が下りたんです。

少しずつでもあきらめず食べさすことで、今では野菜不足をほとんど克服でき、毎日美味しいと言って食べてくれるんですよ。

 

家庭菜園で子供の野菜嫌いが克服

ずっと息子が野菜を食べてくれなくて、特にトマトが苦手でトマトはリコピンなどの栄養素が豊富なので、ぜったいにとってほしい野菜なんだけど、どうしても食べてくれずに諦めかけてたんですが。

たまたま家庭菜園でも始めてみようと、簡単にできそうなミニトマトを栽培することに。

毎朝の水やりは子供たちにやってもらい、トマトの実がなるのをワクワクしながら待っていました。

自分たちが育てたトマトだという意識が芽生えたのか、子供たちはトマトを残さなくなったんですよ。

これからはトマト以外の野菜にも挑戦して見たいなと思ってます。

 

食べる環境を変えてみたという人は?

子供が野菜を食べてくれないので、子育ての経験者にいろいろアドバイスしてもらったところ、食事の工夫も大事だけど、食べる環境を変えてみるのもいいと聞いて、実家の親を招いて一緒に食事をしたり、友人たちとみんなで食事をしたりしてみたら、普段は食べなかった野菜を食べてくれたんですよ。

庭でピックニックみたいにして食べたり、テーブルクロスも変化をつけたりといつもと違う雰囲気を作ると、いつもよりたくさん野菜を食べてくれるので、子供がワクワクするようなことをしてあげると野菜不足は意外と早く解消されるかもしれませんよ!

 

子供が嫌いな野菜はあきらめず何度も食卓に!

子供が嫌いな野菜は食べないからとあきらめずに根気よく食卓に出すのが大事だと、ネットで読んで実践してみました。

最初はまったく食べてくれなかったんですが、主人とこれ美味しいねと言いながら食べていると、ある日急に食べだして。

無理やり食べさそうとするとその野菜は大人になっても、食べれなくなったりとかあるみたいだから根気よく待ってみた方がよさそう。

 

まとめ

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事では野菜不足になりやすい子供の対策について書いてきましたがいかがでしたか。

この記事を書いていて子供たちの野菜不足はかなり深刻だということがよくわかりましたね。

野菜の大事さや対策、実際に克服した人の感想をお伝えすることで、子供が野菜嫌いを克服できないお悩みが解決できるとうれしいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。