マッスルデリ弁当はお得?口コミがまずいと噂に!ナッシュや他サービスの値段やメニューなど比較!

 

みなさん、こんにちは!

宅食を試してみたいけれど、メニューが沢山有りすぎて、結局同じものを注文してしまい、本当に健康的な食事かどうか疑問を感じている人いませんか?

そんな人には40種類のメニューの中から、目的別に献立を変えられるマッスルデリをおすすめします。

運動は通勤中など日々の生活のついででできますが、食事は用意する時間などを含めるとどうしても時間がかかってしまいますよね。

そのため健康を考えるときは、食事面の改善に8割くらいの時間や労力を割く人もいるとも言われています。

そんな難しい調整もマッスルデリなら簡単!

ぜひ今回紹介する情報を参考にしてください。

▽面倒だった食事管理が「手軽」「時短」▽


マッスルデリ弁当の特徴やメニューは?

数あるマッスルデリ弁当の中から、健康とは程遠いと思われているメニューの数々をご紹介します。

いつも牛丼やカレーを食べているんだけど、こんな食生活じゃダイエットできないよね?

お肉が入っているといってもどうせ量が少なくて食べた気がしないんでしょ?

なんて思っている人も大丈夫です!

マッスルデリ弁当には、糖質や脂質を上手く調整したメニューが沢山あるので、乱れた食生活をしている人でもストレスを感じることなく食事改善ができます。

なお注文するときは、自分が希望する食事効果に合わせた物を以下の4つのメニューから選んでください。

 

GAIN

食べても中々身体が大きくならなかったり、一部分だけ太ってしまうことありませんか?

そんな人にはGAINをおすすめします。

普段からある程度運動している人に人気で、胸板や腕などのサイズアップをしたいときに便利です。

また食べ応えのあるメニューなので、ストレスのかかる食事制限になりにくく、食べる量の多い人も最初はGAINで様子を見たほうがいいでしょう。

600kcal以上のメニューも多く、鶏肉や野菜たっぷりのチキンカレーが食べられます。

値段は1食当たり1280円で15食セットの定期購入をすれば1213円でコスパも良好。

 

MAINTAIN

体型を維持しようと同じ食事を食べている方いませんか?

確かに見た目の維持はできているかもしれませんが、偏った食生活の影響で体内のバランスはガタガタかもしれませんよ?

そんな人にはMAINTAINのメニューをおすすめ。

GAINよりも消費カロリーを押さえているメニューが中心のカテゴリーで、チンジャオロースや親子丼も食べられる大人気プラン!

多くのメニューが500kcal以下に抑えられていますが、ハンバーグなどジューシーなメニューは一部500kcal以上のメニューがあります。

 

LEAN

少し食べただけなのになんで太るの?という方には、LEANをおすすめします。

カロリーや糖質、脂質までも限界ギリギリまで削ったメニューが多く、まさに減量用の食事ともいうべき宅食!

しかし驚くべきはそのラインナップで、ピザは勿論牛丼やカレー、唐揚げセットまで食べられるパワフルなメニューの数々。

食べ応えを重視しながらもカロリーを400前後にまで抑えているので、減量には最適!

また野菜炒めなどヘルシーなメニューがあるのもLEANの特徴です。

そして極めつけは、一部カロリーが500以上もあるメニューが存在すること。

糖質や脂質をプロの栄養士が調節し、減量中の人でも豚の角煮や鶏肉料理が食べられるようにしています。

牛丼が食べられるラインナップとしても有名で、脂質はある程度維持し、糖質や炭水化物の摂取量を玄米などで抑えています。

そんな健康食がなんとお値段5食で送料込み4900円!

15食入りの定期購入なら、1食当たりのお値段が913円で、マッスルデリで最もお得なお弁当になります。

この中で最も人気のあるコースは、運動は面倒でしたくない!でもダイエットはしたい!という人から絶大な支持を集めているLEANとジャンクフードが食べられるPIZZAです。

特に驚きの声が上がるメニューは、栄養バランスの調整力でダイエット中でも食べられるようにしたプロテインピザシリーズ!

ツナとシュリンプが乗ったピザとスモークチキンと5種類のチーズが使われているものがあります。

共にふっくらとしたピザ生地を使った本格仕様で、ダイエット中に好きな食べ物を諦めていた人が良く注文しているようです。

 

食べ応えがほしいならハンバーグメニューがおすすめ

でもGAINで食べられるメニューのような食べ応えもほしいんだけど?と思う方もいますよね!

そんな方にはGAINとMAINTAINとLEAN全てのプランに対応したハンバーグメニューをおすすめ!

エビと野菜のソテーも入っているハンバーグセットは、GAINなら14.5グラムあった脂質を8グラム前後まで抑え、減量中の人でも食べられるようになっています。

勿論普通のハンバーグではお馴染みの豚肉と牛肉の合いびき肉を使い、違和感のない食感を実現。

ただしGAINにはハンバーグの上にチーズが乗っていますが、LEANには乗っていません!

それでもダイエット中にハンバーグが食べられれば十分ですよね?

 

体重増加が心配な人には鶏肉と豆腐のハンバーグ

体重増加が心配な人には、鶏肉と豆腐を使ったハンバーグもおすすめですよ!

人気のトマトソースは、このメニューを超定番とまで評価されるようになった立役者としても有名。

トマトソースでパサパサした豆腐の食感を抑えているようなので、同じハンバーグセットでも好みが分かれるところです。

 

減量中でも食べられるスパゲティメニュー

さらにマッスルデリでは、ダイエット中の人の永遠のテーマともいうべきメニューでも挑戦をしかけています。

なんと減量中の人が食べられるスパゲティのメニューを複数用意。

中でもささみと彩野菜が使われているメニューには、ミートボールまで乗っていて、本当にダイエット中に食べられるメニューかと驚きの声が多数!

実はこのメニューの付け合わせにもささみが使われていて、お肉が盛沢山。

それなのにGAINと同じお肉が食べられるので、ダイエット中にお肉を諦めていた人にはぜひ食べてほしい一品です。

 

魚を使ったメニューは大人気

他にもサーモン三色丼や白身魚のピリ辛ソテーセットなど、魚を使ったメニューが売り切れになるほど大人気。

色みが綺麗なので、少ない量でも視覚的に料理を楽しめる魅力もあり、ちょっと足りなくなりそうだと感じる人は鶏肉のレバニラ風セットや鶏肉の梅大葉セットを同時に買う人が多いようです。

 

以上のメニューを運動している人は、運動後30分から1時間以内、運動していない人が食べるときは、必ず1日三食を守ってください。

また睡眠前5時間以内に食べると快適な睡眠を阻害する可能性がありますので、消化や胃袋の負担も考慮すると、食事時間だけは守ったほうがいいでしょう。

 

 

LOWCARB

運動はしたくない!またはできない!でも食事は食べたい!そんな要望には、LOWCARBをおすすめ。

メニューが低糖質のみになっており、1食当たりの値段も960円とLEANに次ぐ安いプランです。

牛丼やエスニック料理を減量用に改良しており、脂質は各メニュー限界ギリギリまで少なくし、食事のみでする短期間のダイエットをお手伝い!

売り切れがでるほどの人気として有名なのは、LOWCARBの牛丼。

やはりダイエットしていても牛丼を食べたい人は多いらしく、販売開始と共にすぐに売り切れになることもしばしば。

新メニューに野菜をふんだんに使った弁当が追加されることも多く、ダイエットだけでなく野菜不足の人にもぜひ検討してほしいですね。

 

▽面倒だった食事管理が「手軽」「時短」▽


マッスルデリ弁当を実際利用した人の口コミや評判は?

今回はマッスルデリの主軸製品!LEANの口コミを集めてみました。

運動はできないまたは続かないけれど、ダイエットはしたいと希望する人が利用する人が多いメニューなので、同じ悩みを抱えている人はぜひ口コミを確認してみましょう。

 

マッスルデリ弁当の良い口コミ

口コミ投稿者は体重100kgを超える巨漢の方。

LEANを食べても全然物足りなさを感じることなく、継続して食事ダイエットができているようですね。

これだけ巨漢だと運動するにしても億劫になり、できれば食事のみでダイエットしたいと思いますよね。

しかも年齢は40歳近く、長年の不摂生が影響した不必要な脂肪は運動だけで簡単に取れるものではありません。

食事で体内環境から整えることも必要なので、まさにマッスルデリの出番!といったところでしょうか。

座り仕事をしていると運動するが段々面倒になってきますよねー…。

そんな生活環境だからこそマッスルデリの食べるだけでダイエット効果が期待できる献立が目に止まったのでしょう。

口コミ投稿者は現在の体重に合わせたお弁当を注文しているようで、投稿した時期は丁度体重が増えすぎた時期だったみたい。

こんな体重の微調整ができるのはマッスルデリならではの魅力といえますね!

 

マッスルデリ弁当の悪い口コミ

やっぱりハンバーグは中まで熱々のほうが美味しいですよね。

温まっているかどうか不安な人は、レンジアップした後に食材に串や爪楊枝を差し込んで熱が通っているかどうか確認したほうがいいかもしれません。

ただ本来ならば、ハンバーグは加熱するときに真ん中をつぶしてお肉全体に熱が通るようにするので、できればマッスルデリにはこの当たりを改善してほしいところ。

冷凍する前に少し真ん中を潰すだけで違うと思うんですよねー。


マッスルデリの欠点は1食だけGAINにしたり1食だけLEANにできないところ。

結構お昼ガッツリいきたいなんて人も多いので、ぜひサービス形態の変更を期待したいところですね。

ただLEAN用のメニューにもガッツリ食べられるメニューもないわけではないので、一応お弁当選びのときに工夫することはできます。

 

▽面倒だった食事管理が「手軽」「時短」▽


 

マッスルデリ弁当の送料や値段や申し込み方法について?

マッスルデリは公式サイト上部にあるメインメニューからお弁当を注文できます。

出展:マッスルデリ

表示された画面の中から食べてみたいプランを選びましょう。

ここではダイエットに最適なLEANを選択してみましょう。

出展:マッスルデリ

このプランを選ぶをクリックすると以下の画像が表示されます。

出展:マッスルデリ

赤枠の部分で数量と購入方法とメニューを選び次へ進むをクリックしましょう。

ここではお試し購入で好きなメニューを5食分選ぶ設定にしています。

次に以下の画面で自分の食べたいメニューを選択しましょう。

メニューが選択できたら画面右にある保存をクリックしてください。

出展:マッスルデリ

すると下記のように住所や支払い方法を入力する画面に行くので、必要事項をご記載の上お弁当注文を決定しましょう。

出展:マッスルデリ

なお、アレルギーをお持ちの人は画面下部にある通信欄に必ずその情報を記載してください。

アレルギーの食材を避けるように調理したものを届けてもらえます。

なお各画面で表示されている価格は、送料と消費税を含めた値段です。

定期購入を4回以内でキャンセルしたときを除いて、他に必要な費用は一切ありません。

 

▽面倒だった食事管理が「手軽」「時短」▽


マッスルデリ弁当など他社サービスとの比較?

サービス名 プラン

価格

マッスルデリ 5食セット LIAN 価格:5292円(税込)

MAINTAIN 価格:5832円(税込)

GAIN 価格:6912円(税込)

送料無料

リセルデリカ 5食セット 価格:5130円(税込)

送料は地域によって異なります。

関東:880円
中部:880円
関西:935円
九州:1804円

ナッシュ 8食セット 価格:4990円(税込)

送料は地域によって異なります。

関東:1078円
中部:1001円
関西:935円
九州:1100円

Grino(グリノ) 8食セット 価格:5580円(税込)

関東:660円
中部:660円
関西:770円
九州:1100円

 

 

 

▽面倒だった食事管理が「手軽」「時短」▽


マッスルデリ弁当を利用するメリットやデメリットは?

希望する体重の増減に合わせた食事選びができるところがマッスルデリの魅力です。

しかし一部のメニューには、GAIN専用やLEAN専用の物があるので、全てのメニューを自由に食べられるわけではありません。

また、鶏肉のクリームソースセットなど一部商品リニューアルの影響で、アレルゲンが変わっているメニューがあります。

糖質や脂質だけでなく塩分量も変わっているため、人によっては味付けに違和感を覚える人もいるようです。

ですが各料理毎に糖質や脂質、炭水化物の量がプロの栄養士管理の元、細かく調節されており、定期購入すれば専門家に相談することもできます。

利用時にはマッスルデリの容器分縦20cm×横15cm×高さ5cmが複数個入る冷凍庫をご用意してください。

マッスルデリのお弁当は全て冷凍保存することを前提にした賞味期限なので、冷蔵保存だと賞味期限が1か月以下になってしまう可能性があります。

特に注意したいのは、マッスルデリのコーンポタージュ。

このメニューに限り配送はポスト投函で配送日の変更もできないため、そのまま放置してしまうとあっという間に食べられなくなってしまいます。

配送はクロネコヤマトなので、荷物情報メールの適宜確認を怠らないように注意しましょう。

 

▽面倒だった食事管理が「手軽」「時短」▽


まとめ

マッスルデリでは身体のサイズアップをしたい人に向けたGAIN、体型を維持したい人に向けたMAINTAIN、そして減量をしたい人に向けたLEANが用意されています。

GAINのメニューには、チーズやお肉の量を増やした食べ応えのあるメニューが揃っています。

一方LEANとMAINTAINにも、GAINと同じ献立があるので、味の薄さや食べ応えに不足を感じにくく、食べることを我慢するような無茶なダイエットになりくい魅力がありますね。

今回はマッスルデリについて特徴や口コミ評判などもご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

気に入ったメニューがあればぜひ試してみてください。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。